募集要項


応募部門
一般部門・・・18歳以上の人(高校生は含みません)
学生部門・・・高校生以下の人
募集内容
農や食への思い、メッセージを短い言葉で表現してください。(キャッチコピー、七・五調など)
応募方法
専用フォームからご応募ください。

※ハガキで応募いただくこともできます。
※応募用紙はこちら(PDF)

「ハガキでの応募方法」
1枚に1作品を書いて送ってください。
(1)応募部門(2)郵便番号(3)住所(4)氏名(5)年齢(6)電話番号(7)メールアドレス(8)職業(勤務先・経営する法人名)または学校名・学年を明記してください。
※学校単位でご応募いただく場合、学校のご連絡先をご記入ください。

応募期間
2022年5月10日(火)~ 9月2日(金)
※ハガキは消印有効
応募先
〒102-0074
千代田区九段南1-6-17 千代田会館5階
毎日企画サービス「ひとことメッセージコンクール係」
※毎日農業記録賞の応募先とは異なります。ご注意ください。
審査
毎日新聞社による予備審査を経て、本審査を実施
一般部門、学生部門とも
☆グランプリ1点(賞金10万円)
☆優秀賞4点(賞金3万円)

※中学生以下は賞金分の図書カードを贈呈します。
入賞発表
2022年11月中旬ごろ毎日新聞紙上で発表予定です。
表彰式
2022年12月初旬、毎日新聞東京本社隣の如水会館
※「毎日農業記録賞」受賞者と同時に表彰予定です。
応募情報の取り扱い・注意事項について
※応募作品の著作権は毎日新聞社に帰属します。

※ご応募いただいた方の個人情報は毎日新聞社及び毎日企画サービス(事務局)が管理し、選考や表彰、取材等に使用します。

※受賞作品は毎日新聞紙上で発表する以外に、協賛団体の媒体等でキャッチコピーとして使わせていただく場合があります。

※個人情報取り扱い指針は
こちらをご覧ください。
お問い合わせ
毎日企画サービス「ひとことメッセージコンクール係」
電話 03-6265-6814(平日10~17時まで) 
メール hitokoto@mainichi-ks.co.jp 
募集内容
農や食への思い、メッセージを短い言葉で表現してください。(キャッチコピー、七・五調など)

Q&A

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q「メッセージ」とは、どんなものを作ればよいのでしょうか。

    A キャッチコピーや、キャッチフレーズ、標語をイメージしていただければ分かりやすいと思います。

    農業の楽しさや、農業の明るい未来をイメージさせる言葉、農家の皆さんを応援する言葉、日本の「食」の素晴らしさをイメージさせる言葉など。発想は自由です。言葉にリズムがある川柳のような「七・五」調も歓迎します。

    昔、「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」 という交通安全の標語がありました。今も皆さんの頭に焼き付いている言葉ですよね。一つの参考になるのではないでしょうか。
  • Q ペンネームでの応募はできますか。

    実名での応募をお願いします。
    応募時にお書きいただく連絡先などは、毎日新聞社からの連絡や取材の際に限って利用させていただきます。
  • Q 受賞作品はどのような形で発表されますか。

    A 毎日新聞社内外の審査員が選考し、一般部門(18歳以上の人)、学生部門(高校生以下の人)ともに、グランプリ1点、優秀賞4点を選出します。

    11月に、毎日新聞紙上で発表します。協賛団体の媒体などでも紹介予定です。原則、作者名も発表します。
  • Q 受賞作品はどのように利用されますか。

    A 著作権は毎日新聞社に帰属します。
    紙面で発表する以外に、協賛団体のJA全中、全農、共済連、農林中金が、媒体などでキャッチコピーとして使わせていただく場合があります。
  • Q (高校から)毎日農業記録賞の作文と一緒に、ひとことメッセージコンクールの作文も合わせて送りたいのですが。

    A 作文は学校所在地(個人の場合は住居の所在地)の毎日新聞支局へお送りいただいており、メッセージコンクールの送付先とは異なります。

    はがきを学校単位でひとまとめにして、「ひとことメッセージコンクール事務局」にお送りください。
  • Q 受賞作品はどのような形で発表されますか。

    A 毎日新聞社内外の審査員が選考し、一般部門(18歳以上の人)、学生部門(高校生以下の人)ともに、グランプリ1点、優秀賞4点を選出します。

    11月に、毎日新聞紙上で発表します。協賛団体の媒体などでも紹介予定です。原則、作者名も発表します。